So-net無料ブログ作成

ウンベラータの取り木に挑戦 [園芸]

会社のウンベラータ
100-1190838_1.JPG

デカ過ぎる

中間でぶった切って剪定するのは簡単なことですが
上の方がとても立派なので
これを切り捨てるのはなんだかとても忍びなく
なんとか活かせないものかと前々から思っていたので
今回「取り木」に挑戦してみることにしました

取り木とは
「植物の人工的繁殖方法の1つ。茎の途中から根を出させ、そこで切り取ることで新たな株を得る方法である。」
(ウィキペディアより)

ということでネット上の情報を元に試しにやってみました

(一番参考になったのはこちら「通販ショップ暮葉暮葉」の記事)
http://www.bohaboha.jp/hpgen/HPB/entries/21.html

検索するとだいたい
「ウンベラータの取り木に挑戦」
というタイトルの記事に当たりますね
なんかこの作業はそういうタイトルにしたくなるのです(笑)

ということで用意したのは

使い捨てビニル手袋、カッター、透明なビニル袋、ビニル紐、排紙
ミズゴケ、メネデール、ミリオンA
110-1190923
110-1190923 posted by (C)miyappp

ミズゴケは自分の経験で
出根を促進させるために一番だと思っている
ミリオンAを混ぜ込み
メネデール水溶液で戻したものを用意

出根の確認がし易いように
透明なビニル袋がよいとのことだったのですが
意外と身の回りで見当たらないので
今回はOA機器の書類が入っていた袋を
拝借して用いました

まずは
ウンベラータはキズを入れると
ベタベタでやっかいな樹液が
あふれるように落ちると思われるため
床に排紙を敷き
根が生えて欲しいと思う付近の表皮
(表皮下の白い部分が見えてくるところまで)
をカッターで1周剥きます

120-1190925
120-1190925 posted by (C)miyappp

ウンベラータの樹液は手に触れると
かぶれる恐れがありますので
ビニル手袋をして作業します
案の定カッターはベタベタ
樹液はボタボタ

この作業で幹を折ってしまう方も
チラホラといらっしゃるようですが
このウンベはほぼ垂直に伸びているせいか
折れるようなことはありませんでした

でも今後移動させるときは
気をつけた方がよさそう

ビニル袋の側面を切り
受け皿になるように取り巻き
下の方をビニル紐で縛ります
130-1190931_1.JPG

ビニル紐はあらかじめ必要な長さ
(茎を巻いて結べる程度の長さ)
に切っておいたほうがいいです
この後の作業で片手がふさがる状態で
紐を結ぶ作業があるからです

前述したミリオンA入り・メネデール水溶液で
戻しておいたミズゴケをビニル袋の中に投入
140-1190933
140-1190933 posted by (C)miyappp

ミズゴケを包むようにしてビニル袋の上の方を
ビニル紐で結びます
150-1190937
150-1190937 posted by (C)miyappp

上のビニル紐は後々緩められるように
蝶結びにしておきます
(ミズゴケが乾燥したときに
水を投入できるようにするためです)

どうだろうか
160-1190944
160-1190944 posted by (C)miyappp

出根まで約2ヶ月間くらいが目安とのことなので
梅雨時が楽しみです

・・・・大丈夫かなぁ

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 2

いわたこ

うまく出根するといいね~
普通に切って挿し木だと付く確立低くなるからねぇ
by いわたこ (2017-04-16 09:14) 

miyappp

>いわたこさん
>普通に切って挿し木だと付く確立低くなるからねぇ
そうですね~
私もたぶんそうだと思っていたので
どうしようかなぁと模索していてこの方法に行き着きました
うまくいって欲しい~
by miyappp (2017-04-16 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1